インドネシア人の外国人技能実習生の受け入れはASEAにお任せください。

ASEA
03-6435-4084

受付時間 9:00~18:00(土・日・祝除く)

当組合の強み

実習生の受入れを徹底サポート!

アジア技術交流協同組合(ASEA)は、外国人技能実習生の受入れ企業様をしっかりとサポートいたします。初回のご相談から実習生の帰国まで、全工程を細かく丁寧にフォローすることで、実習の成果を最大限に高められるよう取り組んでまいります。

実習生を受入れるまでのフォロー体制

外国人技能実習生を受入れるまでには、合計6ヶ月間の準備期間が必要であり、実習生の選考・面談や入国申請手続きなど様々なプロセスがあります。通常の採用活動にはない煩雑な手続きもありますが、経験豊富な当組合のスタッフがフォローいたしますのでご安心ください。

受入れ期間中のフォロー体制

受入れ期間中に月1回の定期訪問を行い、企業様や実習生に面談・指導を行っております。双方のご意見やご要望をヒアリングさせていただくことで、実習の効率化やトラブルの予防を実現することができます。また、企業様のご要望に合わせて柔軟にフォロー体制を整備することも可能です。

計4ヶ月間の質の高い教育

配属前の計4ヶ月間に渡って、日本語やマナーの講習や基礎技術の研修など、実習生に質の高い教育を行い、現場で活躍できる人材を配属できるよう取り組んでおります。実習生が受け身で聞くだけの教育ではなく、ロールプレイングやテストを行い定着率をチェックしながら、臨機応変な教育を行っています。

優秀なインドネシア人実習生

インドネシア人は非常に真面目で意欲も高く、手先が器用で細かい作業にも対応できるという特徴があります。また、日本人に似た性格を持ち上下関係を重んじるため、業務中やプライベートでトラブルが発生してしまうことはほとんどありません。