インドネシア人の外国人技能実習生の受け入れはASEAにお任せください。

ASEA
03-6435-4084

受付時間 9:00~18:00(土・日・祝除く)

スタッフ体験レポート

レバランって?

前回、ラマダン明けの食事についてご紹介しましたが、

今回はラマダン明けの行事、レバランについて紹介します。

レバランとは断食明けを祝福する、イスラム教徒にとって大切な祝日のひとつです。
ほとんどの方が帰省するため、乗り物と言う乗り物は全て大混雑。
渋滞で有名なジャカルタも、この時期は更にパワーアップします。

 

イスラム教徒の間では、レバランの時期に家族や親戚、親しい友人等が集まり訪問し合い、(日本の大晦日からお正月にかけての雰囲気に近い)互いに懺悔し合います。

日本人からするとなぜ謝るの?と思う方もいらっしゃるのでここでご説明。

日常生活のなかで人を傷つけたり、
何気ない一言が人の気持ちを「害する」こともあれば、
良かれと思ってした行為に「有難迷惑」なんて思われることもあります。

目に見えること・見えないこと、意図的なことや無意識のうちであっても、
イスラム教徒の方は自らが重ねた「過ち」全てに対して謝り、それが許されるのがこのレバランなのです。

 

久しぶりに家族や親戚と集まり単に「久しぶりの再会を楽しみたい」だけではなく、大切な人に謝り、互いに許し合うそうです。

レバランで互いに許し合った彼らは「新しい気持ちでこれからをスタート」することが出来ます。

 

長くなりましたが、以上がレバランのご紹介です。

今日がその当日、世界中のイスラム教徒の方がレバランを迎えていることでしょう。

 

事務局員Y