インドネシア人の外国人技能実習生の受け入れはASEAにお任せください。

ASEA
経営者に紹介したい外国人受入れ支援団体第一位
03-6435-4084

受付時間 9:00~18:00(土・日・祝除く)

外国人技能実習制度に関するFAQ

実習生の宿泊施設について留意すべきことは何ですか?

外国人実習生を受入れていただくためには、法務省基準省令に基づいて、実習生用の宿泊施設を確保していただく必要があります。宿泊施設は、実習生が生活の大半を過ごす場所であるため、ご理解・ご協力を何卒宜しくお願いいたします。

 

【宿泊施設について留意いただきたいこと】

 

(Point1:新しく豪華な施設は不要ですが、快適に過ごすために十分な広さや設備をご用意ください)

 

1.最低でも「6畳に2人」を目安としてください
2.浴槽は必須ではありませんが、少なくとも「シャワー」の設備が必要です
3.日本人と食習慣が違うため、「自炊ができる環境」をご用意ください
4.「トイレ」は宿泊施設内に設置されていることが望ましいです
5.入居の日から生活ができるような設備や備品をご用意ください

 

 

(Point2:宿泊施設の場所に配慮ください)

 

1.なるべく職場の近くであり、生活指導員の住居と近い方が望ましいです
2.ホームシックを避けるために、なるべく1人だけで孤立しないように、近くに他の実習生が居住している状態が望ましいです
3.実習生によって宿泊施設の広さや質に大きな格差が出てしまうと、不満やトラブルの原因になります