インドネシア人の外国人技能実習生の受け入れはASEAにお任せください。

ASEA
経営者に紹介したい外国人受入れ支援団体第一位
03-6435-4084

受付時間 9:00~18:00(土・日・祝除く)

外国人技能実習制度に関するFAQ

監理団体はなぜ必要なのですか?どんな役割があるのですか?

当組合の様な監理団体は、外国人技能実習生の受入れにあたって以下の様な役割を担っています。

 

1.団体が実習生の受入れに責任を持つこと

2.企業様の元で行われる実習を管理すること

3.実習生の受入れ準備から帰国までの全ての工程をサポートすること

 

また、より具体的な監理団体の役割は以下のとおりです。

 

【役割1:実習事業実施のための事前調査や検討】

 

1.技能実習事業の情報収集や監理など

2.技能実習事業計画の策定

3.参加企業様の選定

4.海外の送出し機関と送出し条件などの協議と契約

5.日本語,生活一般教育等の講習の実施

 

 

【役割2:実習生の入国・受入れ準備】

 

1.受入れ企業様へ指導

2.実習生の選抜と選考

3.実習生の健康診断を実施

4.事前実習の実施

5.受入れ申請などの手続き

6.実習生の入国と移動の支援

 

 

【役割3:入国後の集合実習の実施、実習開始後の巡回指導や監査】

 

1.集合実習の準備と実施

2.受入れ企業様や技能実習生に対する巡回指導

3.監査と監査報告

4.送出し機関との連絡

5.事故・問題案件への対応と報告

 

 

【役割4:在留期間更新許可申請や2号移行のための手続き、帰国事務処理】

 

1.技能実習2号移行のための準備と手続き

2.送出し機関との連絡、事故、問題案件への対応

3.実習生の帰国準備